HOME >> 極秘任務ダンボールを探る >> ゴミを有効活用

ゴミを有効活用

ゴミを有効活用

あなたを取り巻く、多種多様な食材の数々。

台所の三角コーナーには、食べ残りのご飯がおかず・リンゴの芯などが入っていると思います。

その生ごみをダンボールと一緒に有効活用をする方法をここでは、お話しています。

あなたの自宅で野菜などを作っているのなら、有効に活用が出来るかもしれません。

家庭ごみ特に生ごみを発酵させて作ったたい肥をコンポストと呼びます。

その生ごみを入れて発酵させる道具をコンポスターと言います。

そしてダンボールが素材の箱をダンボールコンポスターと言っています。

もともとは庭などに設置する生ごみ堆肥化容器では冬季に凍結してしまうため、屋内で堆肥化するために北海道で発祥したといわれています。

このため庭のない集合住宅でも使用可能であり、今では家庭ごみの減量化のため推進している自治体もある。

ダンボールコンポストは、容器として使用するダンボール箱が安価かつ入手が容易である点と、堆肥化に必要とされる保温性と余剰水分を壁面から排出できる水分調整機能を持ち、経済面と機能面で優れています。

水に弱い性質があるダンボールコンポスターですから、耐久性に問題があります。

許容量以上の生ごみを入れると生ごみの水分がダンボールにまで到達しふやけてしまう可能性も持っています。

アメリカミズアブやショウジョウバエなど虫の発生する恐れがある。

慎重に管理すれば発生を防止できるが、有機物を分解するダニの発生が認められるため、一般には屋外設置が原則となる。

作成時には耐久性を十分に考慮する必要があるため、できる限りダブル構造のダンボールを使用し、通気性を保つためガムテープではなくテーピング用などの通気性を持つテープの使用が望ましい。

また、水分により底部が最も劣化しやすいので、ダンボールや新聞紙などの透湿性のあるもので補強する事も必要です。

生ゴミと一緒に入れておく素材があります。

保水性があり、かつ空気(酸素)を抱き込める素材で、入手が容易である点からココピートやオガコ(屑)がよく利用されている。

廃棄物を再利用する観点から、無料又は安価に手に入る場合はおがくず、わら、などで代用することもできる。

堆肥化の際にはpHを9程度に保つのが望ましいため酸性を低減する目的でもみ殻くん炭、竹炭などを混入することも多い。

若干取り扱いにくいが、腐葉土の利用も可能である。

腐葉土には豊富に好気性土壌微生物が付着しており、これを活用すると作成初期の分解を早めることができる。

つまり、のこくずにココピート繊維ないし腐葉土を少量加えたものも基材として好適である。


極秘任務ダンボールを探るは情報収集にお役立てください。

ダンボールの強さの秘密や環境にやさしい素材で出来ている事などが解明される事でしょう