HOME >> 人が知らないダンボールの魅力 >> 片面ダンボール

片面ダンボール

ダンボールの中でも、とってもシンプルなつくりをしているのがこの「片面ダンボール」で、とても簡単にできている種類のもので有名です。

片面ダンボールは「中心にライナーを組み合わせたもの」で、強度的には一番弱いものとなっています。

しかし、物によっては片面ダンボールで十分なものも多く、そういった場合にこのダンボールが使用されています。

果物を発送する際の中敷などは、このタイプのダンボールが使用されていることが多いかもしれませんね。

ダンボールと言うと「強度が高ければ高いほどいいのではないか」と考える人もいるみたいですが、ダンボールには厚みがありますので、強度を高くするとなると重くて大きな箱になってしまうことも少なくありません。

だからこそ、この様な「片面ダンボール」の様なものを造り、用途に合わせてダンボールを選ぶことが出来るようになっている訳です。

片面ダンボールは、気をつけてみてみると意外な所で使用されていたりしますので、ぜひ色々な片面ダンボールを探してみて下さい。


極秘任務ダンボールを探るは情報収集にお役立てください。

ダンボールの強さの秘密や環境にやさしい素材で出来ている事などが解明される事でしょう