HOME >> 人が知らないダンボールの魅力 >> 両面ダンボール

両面ダンボール

ダンボールの中でも、もっとも良く見るタイプのダンボールが「両面ダンボール」ではないでしょうか。

両面ダンボールと言うのは「中心をライナーで挟んで完成させたもの」で、俗に言う「みかん箱」がこのタイプのダンボールになります。

厚さ的にもちょうど良いですし、重さもそれほど重くならないことから、引越し用のダンボールなどもこの大きさのものが目立って使用される様になっています。

おそらく、「ダンボール」と聞いて大半の人が思い浮かべるのはこのダンボール」でしょうね。

使用されている場面が多いこともあり、私たちの身の回りの生活の中で最もその姿を見る機会が多いダンボールであり、またそれだけに種類もかなり豊富です。

このタイプのダンボールは非常に多く使用されていますので、日常生活の中で気をつけてダンボールを見てみると、面白い形のものをたくさん見つけることができるはずです。

ダンボールを知るのに、一番手っ取り早いダンボールがこれかもしれませんね。


極秘任務ダンボールを探るは情報収集にお役立てください。

ダンボールの強さの秘密や環境にやさしい素材で出来ている事などが解明される事でしょう