HOME >> 人が知らないダンボールの魅力 >> 防水加工とダンボール

防水加工とダンボール

ダンボールと言えば「クラフト紙でできた箱」として知られていますが、現在はそれにビニール加工を施したものが人気で、このタイプのものを多くの場所で見ることが出来る様になっています。

どうして防水加工のダンボールをたくさん見ることができるのか、それはダンボールが「野菜を運ぶための箱」として使用されることが多いからで、「レタスなど、水分をたくさん含んでいる野菜を運ぶためには、防水加工をしたダンボールが必要である」と言うことから作られたからです。

この防水加工を施したダンボールはとっても便利で、軽くて水分を含んだものを入れても変形することがない箱は、業者の間で欠かすことができないものとして重宝されていると言います。

防水加工に限らず、厚みのあるダンボールや普段使いのダンボールなど、私たちの日常生活の中では様々な形のダンボールを見ることができる様になっていますよね。

ちょっとした工夫でますます便利に使用することができるダンボール......だかこそ、多くの場所で愛されるのではないでしょうか。


極秘任務ダンボールを探るは情報収集にお役立てください。

ダンボールの強さの秘密や環境にやさしい素材で出来ている事などが解明される事でしょう