HOME >> 人が知らないダンボールの魅力 >> コンドロイチンって?

コンドロイチンって?

コンドロイチンって、私たちの体の中にあるもので、年令と共に減っていく成分だと言われています。

ダンボール箱に入って運ばれてくるサプリメントとして、美容や関節のために取り入れている方は多いそうですが、食品から取れないものかと調べてみると、納豆やオクラ、めかぶ、山芋などのネバネバとした食べ物やフカヒレやすっぽんにも含まれているそうです。

それらを毎日食べていると関節痛も良くなりそうなイメージですが、減っていくものにはカルシウムもあります。

この成分は子供の頃だとたくさん摂取しても蓄えておけるそうですが、子供の頃にタップリと摂取していなかった場合、大人になったときに体の中にどれだけ残っているかによって骨の強さなどが変わるなんてことも言われています。

なので、小魚や牛乳から摂取していますが、これらから摂取しようとした場合、牛乳だと脂肪分なども同時に取らなければなりませんよね?

大人になったら減った量を補うということしかできないものを摂取しようとした場合、成分そのものだけをサプリメントとして取り入れることによって、余分なカロリーを抑えることが出来るのです。

サプリメントとして販売されているのなら、以上に挙げたネバネバやトロトロの成分で作られているのかと思ったら、主なものは鮫、豚、牛、鮭などが原料となっているそうです。

つまり、それらの軟骨から抽出されたものだそうで、牛だと狂牛病などの不安がある方もいると思いますが、軟骨にはその病気の元は入らないと言われています。しかし、販売する方にはそのへんの不安を払拭すべく、問題視される部分は取り除かれていると思われます。

サプリメントを取り入れる場合、体温が人間よりも低いものが吸収率に優れていると言われる説もあります。

そのため、鮫から取られたものに人気が集まりそうですが、実は鮫から取れたコンドロイチンは臭いのだそうです。

アメリカなど外国では牛から取れたものが一般的だそうです。

サメから取られるもので臭いがないコンドロイチンもあるそうですが、原材料費が高いということで、サプリメントとしての価格も若干変わってくると言われています。

関節だけのサプリメントと思いきや、何故美容に取り入れる方がいるのかというと、皮膚にもその成分が含まれているということです。

注射では関節の治療にも用いられ、角膜層の保護のために点眼薬にも含まれている成分なんだそうです。

ということは、あらゆる部分にある成分なので、トータル的に良さそうな感じがしますね。ただし、経口摂取の場合、血管がない関節まで行き届くかという疑問をもつ方もいるそうです。じゃあ、骨に直接注射となるのかと思いました。かなり痛そうですがどうなのでしょう?


極秘任務ダンボールを探るは情報収集にお役立てください。

ダンボールの強さの秘密や環境にやさしい素材で出来ている事などが解明される事でしょう