HOME >> 人が知らないダンボールの魅力 >> ダンボールの特性

ダンボールの特性

皆さんがダンボールを利用する一番多い機会というと、やはりどこかに何かを送るというときでしょうか。

私も、知り合いに贈り物をしたり、息子に頼まれたものを送ったり・・というときにダンボールを利用する機会が多いです。

ダンボールは、様々なものを入れ、しまったり整理したり、便利に利用できるものですが、現在のダンボールの特性を考えてみると、どのようなことがあげられるでしょうか。

まずは、ダンボールというとリサイクルというくらい、リサイクル率が高いということ。

これは、ダンボールの特性の中でも、非常に高い特性になるでしょう。

リサイクルに関しての流れ、フローがしっかりできているので、ダンボールのリサイクル率は日本において90%を超えています。

これは大きな特性になると思います。

次に、特別なダンボール以外、普通のダンボールなら、捨てるということになっても土の中で分解される、生分解性を持っている天然の材料によって作られているため、安心ということ。

これもダンボールの特性になります。

そして、機密性と緩衝性があるということ。

何かをどこかに送る時、機密性なければ商品を守ることができません。

緩衝性があることで、外部からの衝撃にも耐えられる強さを持つことができます。

また、ダンボールの中に何かが混入してしまったり、ダンボールから何かが出てしまったりということも、機密性によって守ることができます。

そして、軽く勝負・大量生産ができるという点。

荷物を運ぶという点において、ダンボールが軽くて上部であるということは、非常に高い信頼性が生まれます。

安くても弱い、これでは、運ぶときにもしまうときにも、安心感がありません。

大量生産ができるということで、コスト削減ができ、現在の高速自動包装によるラインは、商品の梱包をよりスピーディに行うことを可能としていますので、生産性も抜群です。

そして最後に、広告を行うことができるという点。

印刷を行うことができるダンボールは、一目みただけでも、どういった商品化をアピールできる広告変わりになります。

ダンボールにはこのようにたくさんの特性があるのです。


極秘任務ダンボールを探るは情報収集にお役立てください。

ダンボールの強さの秘密や環境にやさしい素材で出来ている事などが解明される事でしょう