HOME >> 人が知らないダンボールの魅力 >> ダンボールの役割は無限大

ダンボールの役割は無限大

野菜を入れ鮮度を保ってくれるダンボール。

精密機器などを静電気から守ってくれるダンボール。

商品を水から守ってくれるダンボール。

広告を自らしてくれるダンボール。

ダンボールにはたくさんの用途がありますね。

私たちが一般に目にしているダンボールも、入っていた商品や目的によって、その強度も工夫されて作られています。

さて・・・ダンボールというと、やはり思い浮かぶのが、エコ。

ダンボールは国内で90%というリサイクル率を持つ、エコの代表格です。

ダンボールは、工場や小売店などで利用され、その用途がなくなれば、回収業者に持っていってもらったり、個人的には廃品回収などに出したりします。

企業によるダンボールのリサイクルフローも、個人によるダンボールのリサイクルフローも、しっかり決まっているのが日本。

企業はそれぞれ、回収業者によってダンボールを回収してもらい、それがリサイクルされていきます。

個人の場合は、小学校や中学校、また自治体による回収によって、リサイクルにまわされていきます。

回収した専門業者は、そのダンボールを選別し、ダンボール原紙の材料として利用すべく圧縮していくのです。

紙のリサイクルは、ダンボールのほかにも、雑誌、新聞紙、ボール紙、その他の紙などがあり、それぞれ、リサイクルの流れに沿って、古紙として生まれ変わるのです。

こうしたリサイクルフローによってリサイクルされた原紙となって、ダンボールやコピー用紙などになります。

私たちが利用する紙製品に、箱を円で囲むように矢印がついたマークや、紙という文字の周りに矢印が円で囲むように書かれているマークを目にすることができます。

これは、この紙製品がリサイクル可能な商品ですよというマークです。

このマークがついている製品は、リサイクルによってダンボールなどに生まれ変わるための主原料になっていくのです。

使用済みのダンボールも、次の役割に向けてリサイクルの流れに乗っていきます。

ダンボールや紙製品は、ごみ、ではなく、無限大の可能性を持った原料なのです。


極秘任務ダンボールを探るは情報収集にお役立てください。

ダンボールの強さの秘密や環境にやさしい素材で出来ている事などが解明される事でしょう