HOME >> 人が知らないダンボールの魅力 >> ダンボールではない箱

ダンボールではない箱

ダンボールのように、物を入れる、整理するなどの目的を持った箱があります。

それぞれに、使い勝手がいいように作られたものですが、ダンボール以外の箱として理解しておきましょう。

貼り箱からご紹介しましょう。

ダンボールは、表ライナと裏ライナ、そして中芯から作られているのが、一般的です。

用途は、様々にありますが、一般的には梱包や輸送などの目的で利用されます。

小さいものから大きなもの、水をはじくもの、強度が高いものなど用途に応じて種類も豊富です。

貼り箱は、箱表面、また内側に和紙や洋紙などを利用して、箱そのものがインテリアになるものです。

貼り付けるものは、紙以外にも、布や皮などが利用されています。

強度も高いものなので、大切なものを入れておくのにも適していると思います。

高級品のギフト用として利用されることもあります。

貼り箱とはまた違い、組立をといて利用することもできるのが、印刷紙器です。

様々な色に印刷することができ、箱の形も様々に作られています。

デザイン性が重視されているというのが印刷紙器の特徴です。

より高級感を演出する多面に、表面加工を施したものもあり、販売店などで商品を箱に入れたまま陳列してある場合、ほとんどが、この紙器の分類になります。

簡易箱は、安い紙箱ですが、実用性、機能性に優れたものが多いです。

特徴としては、箱の四隅が針金、メルトなどによって留められて作られているということでしょう。

職人さんがねじなどをしまっておくために利用されることが多いようですね。

商品を覆っておくために作られたものなので、デザイン性は低いです。

シンプルに作られている箱でサイズも多く、ねじやボルトなど大きさによってきれいに分けることができます。

箱といっても、このように様々なものがあり、使い勝手に応じていろいろに利用することができます。

そのまま、お部屋のインテリアになるものもあるので、うまく利用したいものですね。


極秘任務ダンボールを探るは情報収集にお役立てください。

ダンボールの強さの秘密や環境にやさしい素材で出来ている事などが解明される事でしょう