HOME >> 人が知らないダンボールの魅力 >> カラーダンボールって?

カラーダンボールって?

この間、友人から頂き物をしたとき、とてもカラフルなダンボールに入れられていて、これはそのままお部屋で利用できるな!と喜んだことがあります。

こうしたカラフルなカラーダンボールは今、様々な用途に応じて様々なカラーが使われています。

友人から頂き物をしたときのカラーダンボールは、友人が私にプレゼントしたいものをカラーダンボールに入れて梱包してくれていたのですが、企業や小売店などは、ディスプレイ、また目立たせるという用途でカラーダンボールを利用することが多いようです。

POP材料などにも利用されていますが、とても簡単に加工が可能というカラーダンボールは見た目よりも安価で、最近は多くの企業が利用するようになっている人気のダンボールです。

通常のダンボール同様、古紙でできているものが多いので、ダンボールはエコという特徴もしっかり持っています。

片面だけを張り合わせ、片面カラーダンボールにすればさらにコストダウンを狙えますね。

カラーダンボールのカラーはもちろんですが、素材もいろいろで、光沢があるものもあれば、デザインで模様が描かれたもの、標準色以外のものも作ることができるところがありますので、様々な利用が可能です。

よく、ダンボールの衣装ケースに、カラーダンボールが利用されていますが、単色のものもあり、ふたと下箱のカラーを違えてあるものもあります。

また、木目調やレンガ調などの印刷が施されたものもあり、見た目にも楽しいですね。

ふたと下箱のカラーが違うものなどは、お子さんのおもちゃ箱にしても楽しいです。

贈り物に利用するときにも、カラーダンボールなら、そのものが外箱に使えると思いますので、これもエコにつながりますね。

ディスプレイ用のカラーダンボールは、入れる商品によって様々に形を変えて作ることができるので、販促品として多様な目的に利用することができるでしょう。

企業においても、個人においても、楽しく、機能的に利用できるカラーダンボールはおススメです。


極秘任務ダンボールを探るは情報収集にお役立てください。

ダンボールの強さの秘密や環境にやさしい素材で出来ている事などが解明される事でしょう