HOME >> 人が知らないダンボールの魅力 >> 印刷紙器詳細

印刷紙器詳細

商品を購入するとき、箱に入ったままのものを見ることが多くなりました。

その箱を見れば、一目でどんな商品なのか確認することができるという便利なものです。

誰が見ても、どういう商品が入っているかを確認できるので、消費者としてうれしいですね。

こういった箱は、印刷紙器と呼ばれ、様々な商品などをデザインし、その商品を箱によって守るというほかに、広告性の要素を強く持った箱として、企業に喜ばれています。

箱に商品デザインや写真が印刷されているというものなので、より効果的に商品を引き立たせるためのデザイン力が必要になります。

印刷紙器と印刷を施したダンボールとは一緒?と考える方も少なくありませんが、決定的な違いがあります。

それは、印刷方法の違いです。

ダンボール箱に何かのデザインを施す場合、多くは凸版印刷という方法を利用します。

しかし、印刷紙器の場合、紙にデザインを移すために水と油が反発しあうことを利用したオフセット印刷、つまり、平版印刷という方法を利用します。

この印刷紙器の特性とダンボールの特性を併せ持った箱を作ることも、ダンボールを作る企業によっては可能です。

ダンボールは強度が高い、印刷紙器は美しく広告性が高い。

その特性を併せ持った箱です。

印刷や表面加工を行った後、ダンボールを貼り合わせるという方法を行えば、ダンボールの強度、印刷紙器の美しさの両面を持った魅力的な箱が誕生します。

こうした美しく強度の高い箱を、商品に利用する企業も多くなり、より広告性の高い箱を利用した販促がされています。

消費者の側から言っても、箱の表面の写真や商品の広告などがあることで、その商品を一目で知ることができます。

商品の特徴などを印刷紙器で作られた箱に広告することで、広告としっかりした梱包が同時にできるようになったということです。

ある程度の強度を作ることもできる印刷紙器は、これから先も、より強く美しい箱になっていくでしょう。


極秘任務ダンボールを探るは情報収集にお役立てください。

ダンボールの強さの秘密や環境にやさしい素材で出来ている事などが解明される事でしょう