HOME >> 人が知らないダンボールの魅力 >> エコといえばダンボール

エコといえばダンボール

いろいろな楽しさが広がるダンボールの世界。

ダンボールアート、ダンボール家具は、工夫によってご家族で必要に応じたものを作ることができる、楽しい材料となります。

水に弱い、箱の上に座ればつぶれてしまうダンボール。

そんな弱いというイメージのあるダンボールですが、今では強度も十分な楽しいダンボール家具も作られています。

同じ高さのダンボールを幾重にも重ね接着することで、普通では考えられない強度を持ったダンボール家具が生まれ、今では、本棚、タンス、テーブルなど様々な家具やインテリアに生まれ変わっています。

強度があっても、ダンボール。

強度があっても軽い、これはダンボールならではの魅力でしょう。

勿論、水には弱いけれど、幾重にも重なっていればある程度は大丈夫。

ダメになったらリサイクルに回すために、廃品回収に出せばいい、このエコ的な材料という面も大きな魅力。

ダンボールで作られた家具は、無駄なものはない・・・というエコ的要素を強く感じさせるものです。

ダンボール家具は、お子さんが座る椅子や、アート的感覚の強いものが多かったのですが、今は大人が十分に利用できる家具にもなっています。

使いまわせばいろいろなものに変化し、用途も無限に広がるダンボールは、地球にやさしいもっとも素敵な材料となります。

子供が小さい時、家具が入っていた丈夫ですごく大きな箱を「おうち」だといって遊び始めたのを見て、ダンボールハウスを作った見たことがありますが、本当に長い期間子供の第二の家になり、長いこと楽しませてもらいました。

あまりにもボロボロになったダンボールは廃品回収に出しましたが、元出は0円。

とても充実した使い方ができたと喜んだものです。

それからダンボールで荷物が届くたびに、何か用途はないか?と考えるようになりました。

ちぎって捨ててしまえばごみ。

でも、形を変化させることで工夫を凝らした遊び道具にもなるし、家具にもなるダンボール。

地球にやさしいエコなダンボールは、「人」の工夫によって、エコの象徴となりますね。


極秘任務ダンボールを探るは情報収集にお役立てください。

ダンボールの強さの秘密や環境にやさしい素材で出来ている事などが解明される事でしょう